気をつけておくこと

歯科の椅子

歯並びが良くなかったりすると、見た目が気になって口を開けて話すことが苦手になったりします。
また、噛み合わせが良くないと、きちんと物が噛めないことが原因で、全身に影響が出たりします。
また歯を磨く際にも、隅々まで磨くことが難しく、歯周病や虫歯などに罹患してしまう心配があります。
こういった点を改善するために、歯科では矯正を行うことがあります。
矯正とは、歯をあるべき位置に戻すために、歯に負荷をかけて少しずつ移動させる方法です。
歯にワイヤーを架ける方法がポピュラーですが、これはいったん治療が始まると自分で取り外すことができないので、食事や歯磨きのときに不便でした。
インビザラインという矯正方法は、こういった点で優れています。

インビザラインというのは、矯正歯科の方法のひとつです。
ワイヤーを歯に架ける方法では、違和感があったり痛みが生じても、簡単に取り外すことができないという点がありました。
ところがインビザラインは、自分自身で食事の時や、歯磨きの時などに取り外すことが簡単にできます。
いつでも取り外すことができるというのは、精神的にたいへん安心なので、ストレスがなく矯正の治療ができます。
インビザラインは、透明な素材で自分の歯に合ったものを作るので、見た目にも他の人にわかりにくいので、対外的にもたいへん優れたものです。
仕事上、口元に注目されないほうが良いという場合などにも、インビザラインは気付かれにくいので最適な治療法と言えます。