歯科を探す方法

女性の歯科医

インビザラインとは、歯の矯正治療の際に用いられる矯正装置のことです。
特徴は取り外しが可能なマウスピースタイプであることです。
従来の矯正装置は取り外しが不可能な為、矯正装置付近にプラークが沈着してしまう傾向にありました。
その結果、虫歯や歯周病等になってしまう危険がありました。
その点、インビザラインは取り外しが可能ですから、そういった心配は一切なく、口内の健康を保つことができます。
もちろん、取り外して洗浄することが可能です。
また、従来のような金属製ではなくプラスチック製なので、金属アレルギーがある人も安心して使用できます。
そして、比較的痛みが少ないことも特徴として挙げられます。
ただ、最大の特徴は透明であることだと言えるでしょう。

歯の矯正治療で、一番のネックとなるのは矯正装置が目立ってしまうことです。
治療後、いくら綺麗な歯並びになるとしても、治療期間中、目立つ矯正装置を装着しなければならないことは精神的なストレスとなります。
それが嫌で、歯の矯正治療を受けない人も多くいることでしょう。
しかし、現在は矯正装置は進化しており、歯と同色で目立たない矯正装置や歯の裏側に装着するので、まったく見えない矯正装置も存在しています。
その中の1つがインビザラインというわけです。
インビザラインは透明ですので、従来の矯正装置よりも格段に目立たない矯正装置となっています。
患者に負担のかかる治療は改善されるべきですから、今後、インビザラインを含めた目立たない、あるいは見えない矯正装置が一般的になっていくことでしょう。