出来上がるまで

治療する歯科医

言うまでもなく、悪い歯並びは矯正治療によって改善することができます。
ただ、矯正治療には、矯正装置が目立ってしまうという問題があります。
目立つ矯正装置を装着しなければならないことは、非常にストレスであり、日常生活に支障をきたす場合だってあります。
そのことが嫌で、矯正治療を受けない人もいます。
しかし、現在は目立たない矯正装置も存在しています。
その1つがインビザラインです。
インビザラインは透明な矯正装置ですので、従来の矯正装置に比べて格段に目立たないようになっています。
しかも、マウスピース型となっていますので、取り外しが可能です。
取り外し可能ということは、手にとって洗浄することができますから、常に清潔さを保つことができます。
また、従来の矯正装置よりも、痛みが少ないということも特徴です。

ただ、取り外し可能ということは、新たな問題を発生させています。取り外し不可能であれば、当然、強制的となるのですが、取り外し可能ならば、そうはいかないのです。
いくら、従来の矯正装置よりも優れているとはいっても、矯正装置であることに変わりはありませんから、不具合はあります。多少は目立ちますし、多少は痛みもあるのです。
なまじ取り外しが可能であると、些細な不具合であっても、それが嫌で取り外してしまいたくなる気持ちが芽生えてしまいます。しかし、決められた装着時間を守らなければ、悪い歯並びは一向に改善されることはないのです。
また、取り外せることにより清潔さを保つことができますが、清潔さは保たなければならないのです。インビザラインに付着した汚れは、虫歯等の原因となります。
ですから、欠かすことなく洗浄しなければならないのです。とは言っても、これらは決して難しい問題ではありませんし、何より、インビザラインが従来の矯正装置よりも優れていることは明らかです。
ですから、インビザラインは、とても有効な治療法なのです。