うつ病は早期治療が重要【受診までの流れを解説】

医者

メンタルの病気だからこそ

女の人

初診の予約を入れよう

メンタルの病気であるうつ病を治すには、精神科や心療内科で治療を受けるのが効果的です。そして、良いドクターに診てもらうことが大切ですので、患者の話をきちんと聞いてくれる病院を選びましょう。また、薬を処方する際も、その抗うつ剤がどんな効き目でどんな薬なのか、分かりやすく教えてくれるかも重要です。そのほか、医師と気質と自分の性格が合うかどうかも外せませんので、相性も必ず加味してください。ドクターの態度や話し方など、受け止め方は人それぞれですが、もしも性に合わないと感じた時は、違う医師に治療してもらった方が良いかもしれません。相性が合わないことを我慢して通院した場合、うつ病の症状を治すどころか、かえって医師の言葉に負担を感じるなど、症状を悪化させる恐れもあります。一方、現在のつらい症状を治すのはもとより、できればその引き金となっている原因を、しっかり探究してくれるドクターに診てもらいましょう。さらに処方薬に対しましても、万一副作用が起きた時はどうすれば良いのか、分かりやすく教えてくれる医師を選びましょう。初診でうつ病の治療を受ける時は、最初に電話で予約を入れておきましょう。予約の詰まっている心療内科や精神科では、初診まで数週間待つこともあるため、可能であれば早めに連絡しておいた方が安心です。ただし中には予約不要のクリニックや、当日予約に対応する所もありますから、急ぎの際は色々調べてみてください。電話で予約する際は初診であることを告げ、診察日の希望日時がおありなら、併せて伝えておきましょう。予約の申込は大抵電話で行いますが、クリニックによってはWebサイトからも行える場合があります。予約を済ませましたら、診察日の当日に備え、うつ病の症状や発症経緯などを整理しておきましょう。事前準備なしで診察室で考えた場合、話が抜けてしまうことがあるのです。そして、予約当日は受け付け窓口へ行き、予約済みの初診であることを伝え、渡された問診票にうつ病の症状などを記入していきます。また、総合病院の場合は、最初に総合受付や初診専用のカウンターなどで手続きを行い、その後に心療内科や精神科の外来窓口で受け付けを行うのが一般的です。

うつの特徴や治療方法

看護師

うつ病の症状が発症したら、自分で治療しようとは考えずに必ず専門のクリニックを受診するべきです。適切な処置を行わなければ症状が悪化することもあります。しかし、逆に適切な治療を施すことによって症状が緩和され、状態は良くなっていくでしょう。

毎日の積み重ねが大切

ハート

うつ病はとにかく十分な休息と栄養が必要で、診断方法もアプローチ方法もかなり進化してきています。自分にあった方法を的確に見つけて根気強く治療すると症状も緩和しやすいという、とてもすばらしい時代になってきています。

様々な方法で治す

医療

うつ病の症状を改善するには、一般的に、クリニックでカウンセリングを受けたり、薬で改善します。これらの方法で改善しない方も多くいます。おすすめできる施術が一つあります。カウンセリングや薬で改善をしなかった方は、是非整体を行ってください。

心の重荷の降ろし方

ドクター

うつ病の症状は不眠や食欲不振などあります。心の不調には気が付きにくいものです。症状が慢性的だと感じたらためらうことなく精神科や心療内科に早期受診しましょう。心の風邪と言われるうつ病も重症してしまうと厄介です。心をほぐしましょう。